読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pdfまとめ(英語)

自分が読んだ言語学のpdf置き場兼備忘録。

 

 

『英語のアスペクトについて』

http://repository.tufs.ac.jp/bitstream/10108/63805/1/ilr015003.pdf

英語の時制と相の体系には「外と内の視点」の原則が働いていることを論じている。

時制は外から事態を見てその事態が基準点と時間的にどんな関係にあるかを示す。

相は事態を内側から見るもの、つまり事態の時間的な性質(単純・進行・完了)を特徴付ける。

 

 

『情報の欠落とその補充』

https://www.toyo.ac.jp/uploaded/attachment/8042.pdf

学校文法では形式主語と言われるitや、thatといった代名詞の本質を明らかにしている。

日本語のこれ・それ・あれに英語のthis/that/itが対応しているわけではない。

itは話し手の心の中にある考え、言葉ではないものを指していることに注意。

this/thatは話し手から近い・遠いに対応している。

thatは指示集中的でitは指示拡散的という関係がある。

後半では関係代名詞のwhichなどを情報の欠落と補充という視点で扱っている。